小さいお店を無料で宣伝したい方へ。Googleマイビジネスを使ってみよう!

小さいお店を無料で宣伝したい方へ。Googleマイビジネスを使ってみよう!

2020年5月22日
ブログ

普段、お店を宣伝するとき、どんな方法を使っていますか?

いろんな方法がありますが、チラシやブログ、SNSなどの投稿などがあげられると思います。

Googleで調べたときに自分のお店の情報を表示させたいときにおすすめなのが「Googleマイビジネス」です。

無料で使えるのにGoogleの検索結果にもちゃんと表示されるというメリットがあるので、起業して間もない方はすぐにでも登録しておくことをおすすめします。

今回は、Googleマイビジネスのメリットと使い方をご紹介していきます!

Googleマイビジネスって何?

起業のときに使うホームページなどのツールは登録や設定などが難しいことが多いので「Googleマイビジネスも同じく難しいんじゃないの?」と感じている方もいらっしゃると思います。

GoogleマイビジネスはGoogleが無料で提供しているサービスで、Googleマイビジネスにお店の情報を入力すると、Googleの検索結果に自分のお店が表示されるというシステムです!

例えば、「東京駅 ランチ」など地名とお店について調べたことはありませんか?

そんなときに出てくる検索結果の一覧に出てくるお店が、Googleマイビジネスに登録されているお店たちなんです。

あなたの地域で誰かが調べたとき、こんな風に自分のお店もでてきたら嬉しいですよね。

「わたしのお店はホームページはあるから大丈夫」と思っている方もいらっしゃると思いますが、無料のホームページや中身がまだ充実していないホームページを利用している場合は、検索結果の上位にでにくいものです。

なので、お客さんが調べてもお店が検索に上がってこない場合もあるんです。

そんなときにGoogleマイビジネスは、役に立ってくれますよ。

また、店舗がないビジネスをしている人でも、住所を表示する必要がないので利用できます。

Googleマイビジネスに何が載せられるの?

Googleマイビジネスにはどんな情報が載せられるか確認しておきたいところですよね。

載せられる情報はこんなものがあります。

  • お店の名前
  • 電話番号
  • 住所
  • お店のジャンル(お寿司屋、イタリアン、衣料品など)
  • 営業時間
  • ホームページ
  • お店の写真
  • メニュー など

結構いろいろな機能がありますよね。

口コミ機能もあるので、口コミの投稿があったら返信することも可能です!

登録方法

登録方法は、簡単です!

Googleマイビジネスにアクセス

まず、こちらからGoogleマイビジネスにアクセスしてください。

右上の「今すぐ開始」をクリック。

その後、お持ちのGoogleアカウントでログインしてください。

アカウントを持っていない方は、アカウントを作成してください。

登録する

以下の情報を入力していきます。

  • ビジネス名
  • 地域
  • 郵便番号
  • 市町村
  • 住所
  • メインの電話番号
  • カテゴリ
  • ウェブサイト

住所確認

住所を確認し利用規約にチェックします。

郵送か電話のどちらかを選択して確認コードを受け取ってください。

確認コードがGoogleマイビジネスの方で認証されると、Googleの検索結果に表示されるようになります。

ホームページも作れる

ホームページを持っていない方は、簡易のホームページをGoogleマイビジネスで作ることも可能です。

ホームページを作る予算や時間がない方はこのサイトを代わりに使うというのもありかと思います。

ホームページを持っている方は飛ばしてもよい項目です。

こまかい情報の入力

Googleマイビジネスの管理画面を開いたら、「情報」というところクリックしてください。

  • サービス提供地域
  • 営業時間
  • サービス
  • 商品

などを入力することができます。

少なくとも、営業時間とサービス提供地域は入力しておくとよいと思います。

特に営業時間は、お客さんが確認したい情報でもあるので忘れないようにしてください。

その他の項目

「写真」ではお店の内外観やロゴを投稿することができます。

動画も投稿することが可能ですよ。

最初は、内外観やメニューの写真などがいくつか載っているとよいと思います。

Googleマイビジネスで効果的な集客をしよう

Googleマイビジネスに登録するのは比較的簡単です。

でも、他のお店に埋もれてしまっては意味がないですよね。

できれば定期的に写真をアップしたり口コミに返信するなどして更新してみてください。

「もっと活用したい」という方はMEOという手法を使って使ってみてくださいね。

ちなみに…

「口コミがあった方が目につくのでは。」と考えて社員や自分で口コミを投稿してみてもあまり意味がありません。

Googleはどういう人が口コミをしているか見ているため、社員がやっているとわかれば検索の順位的にペナルティになると予測できます。

注意してみてください!